default

いざ戦わん!

いざ戦わん!

いつも夕方の5時から晩御飯の支度を始める私。

今日は夕方が来るのがちょっと憂鬱でした。

なぜなら、今日はイカを調理すると決めていたからです。

私は本当に魚介類が苦手で、当然あのにおいもダメです。

しかし、うちの父親は釣り好きで、いろいろ送ってくれるんです。

さらに私以外はみんな魚介類好き・・・・地獄です(笑)

腹をくくり、イカと向かい合います。

解凍した袋の中には、大小合わせて5はいほどのヤリイカ。

あぁ、目が、目がこっちを見てるぅ~。

とりあえず頑張ってまずは足を引っ張って中身を抜きます。

このさわり心地がたまりません・・・(汗)

そのあとは皮むき。

皮をきれいにむかないと刺身にできませんものね。

しかも、水で洗うと色が悪くなるというので、ギリギリまでペーパータオルなどを使ってできるだけ水を使わずにきれいにします。

いかのミミも忘れずに取り外し、皮をむきます。

これだけでかなり力尽きているのですが、今度はこれを開いて、中身をもう一度きれいにしてから刺身にしなくてはなりません。

なんとか頑張って刺身を作っても、まだ最大の難関が残っています。

そう、げその部分です。

実は子どもたちがこのいかげその炒めものが大好きなんですね。

何が嫌って、この吸盤の部分が、死んでいるのにくっつくんですよ!

プラスティックの輪みたいな感じのがいっぱいあって、これをそぎ落とすまで変に手にくっつくので泣きそうです。

それも何とかやっつけ、目の部分を見ないように足だけを切り離してあとは処分。

何とかかんとか、いかの処理は終わりました。

そして最後にまな板や包丁を洗い、ゴミを捨てます。

ここまでやるともうかなり力尽きております。

が、最後の力を振り絞っていかげそを炒めます。

塩コショウとしょうゆのシンプルな味付けですが、新鮮なまま冷凍されているため、鮮度がとても良い状態なのでおいしいそうです。

ここまでやって、手もしっかり洗ってしまえば、もう今日は燃え尽きた感じ。

他の料理なんてしたくないくらいにぐったりです(笑)

ですが、もうしばらくすればまた魚がやってきます。

いい加減さばくのに慣れないと。

私が必死に格闘したいかの刺身とげそ炒め、みんなあっという間に食べてしまいました。

私はもちろん、力尽きて食べる気力なしでした(笑)

札幌のお見合いパーティー

学校の制服の自由化とは?

先日友人と電話をしていた時の事なのですが。

少し変わった話を聞く事がありました。

それは学校の「指定制服」についての事でした。

私が通って居た中学校では、男子学生の制服は学ランで女子生徒の制服はセーラー服でした。

私の学校ではあまりセーラー服の評判は悪かったのを覚えています。

夏服は白い色のセーラー服だった為、汗や汚れが目立つ事や。

冬服は黒に緑色のラインが入ったセーラー服だったのですが、これが何とも重みのある動きにくい制服だったと思います。

生徒の中ではかなり評判の悪い制服でしたが、母親達からは好評だったと思います。

その理由の多くは「今しか着れないから」や「セーラー服は珍しいから」と言った理由でした。

私は途中で高校を辞めてしまいましたが、私の入学した高校は確かにブレザーの制服でした。

私の住んで居た地域では、高校に入るとほとんどが学校指定のブレザーの制服になります。

今となっては一度でもセーラー服を着る事が出来た為、良かったのかとも思うのですが。

問題は先日友人が話してくれた面白いニュースについてです。

セーラー服もブレザーにもどちらにも共通の物がスカートだと思います。

セーラー服にしろ、ブレザーにしろ、私は学校指定のスカートがお気に入りでした。

短く履く事が多かったと思いますが「これぞ制服だな」と思うポイントだったからです。

ですが学生達の間では、スカートのズボンの選択肢が欲しいそうです。

確かにスカートだと動きにくい事もありますし、冬の寒い思いをする事がありますが。

何だかズボンだと少し物足りない気もしてしまいます。

学生では無くなってからも、何度も町で学生達を見かける事がありますが。

やはりスカートを履いている姿を見るとしっくりとしますね(^^;)

折角可愛い姿なのに、なぜそれをズボンにしようとするのかが私と友人には判らない事だと思います。

これも時代の変化なのかと思うと、何だか不思議な気持ちになります。

いざ戦わん!